単身の長距離引越しを安くする方法

1万円から1万5千円程度で格安の単身引越しサービスを提供している業者は多いです。その為、引越し先が遠方でもそれほど料金は高くならないのではと思っている人もいるようです。

 

しかし、引越し料金は転居先が遠方になるほど高くなります。それは単身荷であっても例外ではありません。特に引越しが集中する繁忙期であれば、10万円、15万円といった見積もりは普通に出てきます。

 

ただ、最初に見積もりをもらった料金が高かったからってあきらめる必要はありません。単身の長距離引越しの料金は業者毎にかなり差があり、会社によって5万円くらいの差は珍しくありません。

 

また長距離引越しは、転居先からの帰り便があることで輸送コストが抑えられ、その分だけ引越し料金も安くなります。行きも同様で大きなトラックで複数の荷物を積み合わせる混載便を利用した引越し業者の方が安い料金で依頼できます。

 

一般的には、全国に支店を持つ大手引越し業者の方が得意な分野ですが、大手は元々のブランド力があったり、広告宣伝費に費用を掛けているため下がったコスト分だけ引越し料金を下げてくれるとは限りません。

 

近距離以上に複数の引越し業者から見積もりを取ることが単身の長距離引越しを安くするには大切です。

 

プロスタッフは、単身の長距離引越しを混載便や帰り便で安くしている業者です。荷物が少ない単身荷なら電話での見積もりも可能なので、より安い引越し業者を探している方は、ぜひご相談ください。

 

⇒プロスタッフの単身引越しの詳しいサービス内容はコチラから

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ